BIG WING WORKS+

これから書きたいと思っている小説のネタ帳および日記。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
放浪息子
放浪息子
ブクログ
小説家志望 ランキング参加用リンク
映画ブログ 映画評論・レビュー
RECOMMEND
RECOMMEND
HORN AGAIN(DVD付)
HORN AGAIN(DVD付) (JUGEMレビュー »)
the pillows
the pillowsサイコー!!まあ、ついていくよなこれはずっっと。
RECOMMEND
RECOMMEND
私の奴隷になりなさい (角川文庫)
私の奴隷になりなさい (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
サタミ シュウ
ただのSM小説ではない。
RECOMMEND
ごめんね
ごめんね (JUGEMレビュー »)

友達から勧められたアルバム。一曲目のごめんねがやばい。良いアーティストがまた現れた。
RECOMMEND
いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~
いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~ (JUGEMレビュー »)
いきものがかり
今年の〆にはぴったりなアルバムだと思う。今年1年、お疲れさまといいたくなる、そんな彼らの曲達。
RECOMMEND
イエスタデイをうたって 7 (ヤングジャンプコミックス)
イエスタデイをうたって 7 (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
冬目 景
ようやく進展したけど、この先どうするんだろう(苦笑)
RECOMMEND
LOSTMAN GO TO BUDOUKAN【初回限定盤】 [DVD]
LOSTMAN GO TO BUDOUKAN【初回限定盤】 [DVD] (JUGEMレビュー »)

一言で「これはいい!!」永久保存版!!!
RECOMMEND
MUSIC(期間生産限定盤)
MUSIC(期間生産限定盤) (JUGEMレビュー »)
フジファブリック
忘れることは出来ないな そんなことを思っていたんだ
RECOMMEND
SENSE
SENSE (JUGEMレビュー »)
Mr.Children
前作のSUPERMARKET FANTASYからどういう進化を遂げたのか?結論からいうと、すごく前作からの引き継ぎがうまい非常に良いアルバムだ。ミスチルの真骨頂というか楽曲に対する真摯な態度に好感をもった。
RECOMMEND
沿志奏逢 3
沿志奏逢 3 (JUGEMレビュー »)
Bank Band
文句なし!とりあえず、これは買おう!
RECOMMEND
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
ノルウェイの森 上 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
村上春樹を読み語る上での導入本。まずは読んでみていただきたい。なぜ村上春樹がここまで評されるのか。
RECOMMEND
キッチン (角川文庫)
キッチン (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
吉本 ばなな
吉本ばななを読み語る上での導入本、ではなく僕の持っている本で一番読み込みが激しい本。とにかく、小説として芸術作品として秀作。
RECOMMEND
RECOMMEND
リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD]
リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

映画を作るうえでも鑑賞するうえでもリアリティなんて追求することはナンセンスかもしれない。結果的に自己投影しているから。でも、普通の人なんてそんなことすら映画には求めない。たんなる良し悪しが評価で過ぎない。デートの一部でしか過ぎない。でも、この映画は革命を起こしている。
RECOMMEND
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 (JUGEMレビュー »)

パト2と悩んだがこちらが僕の一番のお勧め作。クオリティ、時間、問いかけすべてにおいて上手くまとまっている。
RECOMMEND
世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
浅野 いにお
浅野いにおは僕の世代の申し子作家だ。そしてこの作品集は普遍的テーマ、僕の世代にしかわからない葛藤などを描いている。秀作。
RECOMMEND
Strawberry shortcakes (フィールコミックスGOLD)
Strawberry shortcakes (フィールコミックスGOLD) (JUGEMレビュー »)
魚喃 キリコ
魚喃キリコは誰しもが味わう痛みをきれいにじゃなくストレートに描ける天才。映画も合わせてお勧め。
RECOMMEND
Fool on the planet
Fool on the planet (JUGEMレビュー »)
the pillows,山中さわお,鹿島達也,鈴木淳,吉田仁
best albumではない。これは彼らの足跡を知る上でのお勧めアルバム。日々進化、日々屈折、日々挫折。さわおさんの姿が見えてきます。
RECOMMEND
present from you
present from you (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央,直井由文
BUMP OF CHIKENのB面集。彼らのアルバムにはストーリーがありこのB面集にも個々人のストーリーが見えてくるはずである。
PROFILE
SEARCH
<< 雑記 | main | 立命館大が4年間ゼミ必修化…甘さたたき直す >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
執筆開始
執筆を開始した。実に稚拙な文章で、ああ自分にはまだまだだなあとか思いながらiMacに向かって独り言をいいながら書いていた。

大学にいた頃に浅田次郎が公演に来ていてそれに参加したことがある。前のlivedoorブログ(http://blog.livedoor.jp/ookinatsubasa/)にも書いたかもしれない。

「小説は紙に書くこと。」「登場人物は分かりやすい名前で書くこと」とか言ってた気がする。当時、多分なんかのノートに書きなぐっていたと思うのだがそれが今どこにあるか分からないので、印象に残っていた言葉を残しておこうと思った。最近の小説家は紙に書かない。だから、読めない主人公の名前が多い。そして推敲がされていないと、厳しく批判してた。ちなみに、あの人確か自衛隊出身だったと思う。すげー、厳つい人だったきがする(笑)

自分は小説家になる。プロの。なれると思う。

とにかく、小説家になるためにはいつもなにかを書き続けなければならない。そういう風に思っている。別に、小説を書く必要はなく、走り書きでもいい。メモでもいい。1日何かを書く。そして何かを読むことが必要だと思う。それは、書く技量と読む技量をあげるため。あと、ボキャブラリーを増やすため。

自分は、経営者にもなる。これもなれると思う。こちらの方が、先かもしれない。

自分の本名は夏目漱石と正岡子規から1文字ずつい頂いた。祖母が名付け親ということになっている。子規の研究をしていたことと、愛媛で生まれた初めての子どもであることから。

だから、勝手に自分にはそういう何かがあると思っている。

当然、何かがあると同時に自分には何かを患うものもあると思っている。それもまた宿命か。名前に由来することである。

ということで、稚拙な文章を読みながら、どうやって作り上げていこうかこれからじっくり考えたい。プロットはできていない。とりあえず、何か書きたくてしょうがなかったから。

プロットは重要だと思う。つうか、小説を書く上でそれって大事なんだよね。

小説家兼教師の友達から進められていた保坂さんの本はまだ読んでいない。多分、今回は読まない。

今日は、芥川賞と直木賞の発表だった。来月号での文藝春秋とオール読物は買おう。
| 大きな翼 | 東京 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
れちくる (2011/01/30 3:39 AM)

自分も「なれる」と確信してはいますが、才能も技能も内在する気はまったくせず成功した他人に悋気を向けるばかりです。

とはいえ自分のなかにあるアイデアというものはたとえ「パクリ」といえるまでも他の作品に影響されていたとして、世界にひとつの脳内世界であることに変わりはなく、そいつを世に出してやりたいなあとかぶつぶつ呟きながら今日もタイピングをします。

ちなみに学校の単位は最高数の半分しかとれませんでしたがね。
つばさ (2011/02/01 12:26 AM)
>れちくるさん

まあ、書き続けることですよ。自分も時間を作って書いているし。別に稚拙でも、自分の言葉になってればいいと思います。自分なんて、自己嫌悪に苛まれながら書いてますし(苦笑)

ちなみに今何回生ですか?

立命は就職に関してはぴか一だから(というか、株式会社立命=大学のビジネスとしてはぴか一だから)、働きながら書くとかいろいろ考えておくのも良いかと。そういう意味では就活の準備とか早めにしとくといいです。自分は、かなり苦戦したんで(苦笑)

社会に出て思ったのが、大学の授業ってもっと真剣にしとけばよかったなというのがあります。まあ、人並みにはしてましたが、、、。それでも、大学は高等教育機関だし研究する場でもあるので、違う学部の授業とか結構おもろかった記憶があります。要は自分がどうしたいかといったところかな。

小説家に関してはデビューすれば仕事なんて辞めればいいわけで、しかし世の中なんとかなるといいつつも、やっぱり所詮仕事がないとやってけないからね。

ちょっと長くかつ説教臭いコメントになってしまいましたがちょこっと感じたことを書いときました。

まあ、なんかあったらメールリンク貼ってるんで。
れちくる (2011/02/01 2:10 AM)

今は一回生です。まあ創作なんて賢そうなことを言うような身分でもないと思うので今は気楽にやってみます。

しっかし就活不安だなあ
つばさ (2011/02/01 11:32 PM)
>れちくるさん

一回生か。いろいろ経験できるよ。他の大学の授業も受けれたりするし。バイトで貯めた金で旅行したりいろいろ。創作に関してはマイペースでいいんじゃないかと。

就活はまあ、先手必勝か、別に気にしないのならゆっくりでもいいと思う。









url: http://ookinatsubasa.jugem.jp/trackback/652