BIG WING WORKS+

これから書きたいと思っている小説のネタ帳および日記。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
放浪息子
放浪息子
ブクログ
小説家志望 ランキング参加用リンク
映画ブログ 映画評論・レビュー
RECOMMEND
RECOMMEND
HORN AGAIN(DVD付)
HORN AGAIN(DVD付) (JUGEMレビュー »)
the pillows
the pillowsサイコー!!まあ、ついていくよなこれはずっっと。
RECOMMEND
RECOMMEND
私の奴隷になりなさい (角川文庫)
私の奴隷になりなさい (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
サタミ シュウ
ただのSM小説ではない。
RECOMMEND
ごめんね
ごめんね (JUGEMレビュー »)

友達から勧められたアルバム。一曲目のごめんねがやばい。良いアーティストがまた現れた。
RECOMMEND
いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~
いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~ (JUGEMレビュー »)
いきものがかり
今年の〆にはぴったりなアルバムだと思う。今年1年、お疲れさまといいたくなる、そんな彼らの曲達。
RECOMMEND
イエスタデイをうたって 7 (ヤングジャンプコミックス)
イエスタデイをうたって 7 (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
冬目 景
ようやく進展したけど、この先どうするんだろう(苦笑)
RECOMMEND
LOSTMAN GO TO BUDOUKAN【初回限定盤】 [DVD]
LOSTMAN GO TO BUDOUKAN【初回限定盤】 [DVD] (JUGEMレビュー »)

一言で「これはいい!!」永久保存版!!!
RECOMMEND
MUSIC(期間生産限定盤)
MUSIC(期間生産限定盤) (JUGEMレビュー »)
フジファブリック
忘れることは出来ないな そんなことを思っていたんだ
RECOMMEND
SENSE
SENSE (JUGEMレビュー »)
Mr.Children
前作のSUPERMARKET FANTASYからどういう進化を遂げたのか?結論からいうと、すごく前作からの引き継ぎがうまい非常に良いアルバムだ。ミスチルの真骨頂というか楽曲に対する真摯な態度に好感をもった。
RECOMMEND
沿志奏逢 3
沿志奏逢 3 (JUGEMレビュー »)
Bank Band
文句なし!とりあえず、これは買おう!
RECOMMEND
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
ノルウェイの森 上 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
村上春樹を読み語る上での導入本。まずは読んでみていただきたい。なぜ村上春樹がここまで評されるのか。
RECOMMEND
キッチン (角川文庫)
キッチン (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
吉本 ばなな
吉本ばななを読み語る上での導入本、ではなく僕の持っている本で一番読み込みが激しい本。とにかく、小説として芸術作品として秀作。
RECOMMEND
RECOMMEND
リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD]
リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

映画を作るうえでも鑑賞するうえでもリアリティなんて追求することはナンセンスかもしれない。結果的に自己投影しているから。でも、普通の人なんてそんなことすら映画には求めない。たんなる良し悪しが評価で過ぎない。デートの一部でしか過ぎない。でも、この映画は革命を起こしている。
RECOMMEND
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 (JUGEMレビュー »)

パト2と悩んだがこちらが僕の一番のお勧め作。クオリティ、時間、問いかけすべてにおいて上手くまとまっている。
RECOMMEND
世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
浅野 いにお
浅野いにおは僕の世代の申し子作家だ。そしてこの作品集は普遍的テーマ、僕の世代にしかわからない葛藤などを描いている。秀作。
RECOMMEND
Strawberry shortcakes (フィールコミックスGOLD)
Strawberry shortcakes (フィールコミックスGOLD) (JUGEMレビュー »)
魚喃 キリコ
魚喃キリコは誰しもが味わう痛みをきれいにじゃなくストレートに描ける天才。映画も合わせてお勧め。
RECOMMEND
Fool on the planet
Fool on the planet (JUGEMレビュー »)
the pillows,山中さわお,鹿島達也,鈴木淳,吉田仁
best albumではない。これは彼らの足跡を知る上でのお勧めアルバム。日々進化、日々屈折、日々挫折。さわおさんの姿が見えてきます。
RECOMMEND
present from you
present from you (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央,直井由文
BUMP OF CHIKENのB面集。彼らのアルバムにはストーリーがありこのB面集にも個々人のストーリーが見えてくるはずである。
PROFILE
SEARCH
<< EARTH | main | SPACE BATTLESHIP ヤマト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
文学フリマ
文学フリマ
場所:大田区産業プラザPiO 大展示ホール・小展示ホール

初めて参加したイベント。まあ微妙な距離だったけどiPhoneのおかげですんなり行けた。結構繁盛していた。いろいろなサークルに言ってみたかったからカタログを観つつ、優先順位高い所から回った。

昨日の文学フリマに関してもう少し感想を。自分たちも同人誌を発売したわけだけど売り上げという面ではまあお粗末な物だったわけです。自分はほとんど関わっていないからあくまで客観的にみてそう感じたのは覚えている。

で、昨日の文学フリマをいろいろ見て回って3〜4周したかな。とりあえず、人目が気になるので、ブースの人と目を合わせないようにこっそり内容を見たり興味を持った物に関しては積極的に手を伸ばしてみた。

同人誌とか、自費での小説の出版とかって完全に自己満足な点が大きい。だから見た目がしょぼいものも多々ある。例えば、映画部で発行していた機関 紙のような類いの物。ああいうのがやっぱり目立って、そして必ずみんな避ける。つまり、読者(買い手)にとっては魅力を感じないんだよね。

あと、これはすごく邪道ではあるんだけど、結局作った物を多くの人に見てもらいたいというのが根本にあるわけでそれを達成するにはすごくシンプルな方法がある。

それは、大学の名前を出すこと。

例えば、「立命館大学映画部(OB会)」という類いのネーミング。これはかなりのインパクトになる。ぶっちゃけて言うと昨日の文学フリマはそうやってる大学のブースはほぼコンプリートした。

正直なところ、早稲田とか慶応、中央大くらいしかまともなもんは作れていなかった。それは、その大学の学芸部みたいな本当に文学に力を入れているサークルだからかもしれない。

それでも、やはり大学の名前を冠に置くことは何かのイベントで出す際に非常に良いアイディアだなと思った。いくつか書き貯めている小説があるんだ けど、例えばそれを文学フリマで出すとしたとしたら間違いなくサークル名に関しては大学の名前とか映画部とかそういうフレーズを入れると思う。

そこで、ある程度しっかりした製本を心がける。価格は500円〜1000円くらい。おまけに、今までの映画部の機関誌のバックナンバー(例えば「リストラ」)みたいなもんを無料で配布するとさらに食いつきが良くなり、リピーターも増える。

予算の問題とかもあるけど総合的に見るとやはり大学の名前というのはいい効果を生むと思った。

大学によっては角田光代とか川上未映子とか今日マチ子とかとコラボ、対談、小説をのせていたりもする。これは大学のコネクションかもしれない。

立命も、西尾維新とか井上由美子とかそういう人だったら立命出身だから取材を申し込んで作ってみるとかすごく面白くなるんじゃないかと思ったわけ。

結論。

1、大学名をサークルに出す(商業目的)
2、値段は500〜1000円で設定する
3、無料で機関誌をセットにする
4、立命出身の作家とコンタクトをとる

という、4つのことを取り込んだら割と購買もうまくいくんじゃないかと思った。

そんなわけで、文学フリマに向けて小説をいくつか書いてみようかなと思った次第です。まだ、参加するか分からんけどね。

そんなことを考えた昨日の文学フリマでした。
| 大きな翼 | 東京 | comments(4) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
れちくる (2010/12/28 4:23 AM)

「文学フリマ」検索で拝見させていただきました。
小説家志望のしがない立命大学生です。

最近文学フリマの存在を知り、次のフリマには参加してみたいなー(売る側でなくとも)などと考えていたのですが、自分の生産物に大学の名前を出すのはけっこう度胸が要ると思いました。全国五万の立命生に顔が立つ代物を作れる自信がないので。

文芸サークルにでも所属していれば話は早いのでしょうが、ぷらぷらとしている身分の悲しさではあります。

突然のコメント失礼しました。
つばさ (2010/12/28 10:21 AM)
>れちくるさん

コメントありがとうございます。

自分は訳あって当分実家で暮らすこととなりました。ですが、来年の文学フリマは目標としています。

東京には立命の先輩とかいるしもし参加したいのなら適当に声かけてくれたら全然大丈夫ですよ(笑)むしろ大歓迎です。

僕個人としては将来作家/劇作家になりたいという夢があり今回のエントリになったわけです。

ぶらぶらしててもいいと思いますよ(笑)むしろ、いろんなところに行けるチャンスだし京都には京都にしかないものがたくさんあります。自分も公認の映画サークルに入ってましたがよく独りでぶらぶらしてましし。

これからもよろしくお願いします。
れちくる (2010/12/29 4:32 PM)

東京にお住まいということはもうOBさんですか?

自分のブログにも一度来ていただけると嬉しいです。url貼りました。

よろしくお願いします。
つばさ (2010/12/30 3:49 PM)
>れちくるさん

コメントありがとうございます。2006年卒です。現在は、病気療養で実家の愛媛にいます。暇しているんで、時間があれば京都に行ったり東京に戻ったりというのらりくらりの生活です(あんまりお勧めしませんが)。









url: http://ookinatsubasa.jugem.jp/trackback/622