BIG WING WORKS+

これから書きたいと思っている小説のネタ帳および日記。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
放浪息子
放浪息子
ブクログ
小説家志望 ランキング参加用リンク
映画ブログ 映画評論・レビュー
RECOMMEND
RECOMMEND
HORN AGAIN(DVD付)
HORN AGAIN(DVD付) (JUGEMレビュー »)
the pillows
the pillowsサイコー!!まあ、ついていくよなこれはずっっと。
RECOMMEND
RECOMMEND
私の奴隷になりなさい (角川文庫)
私の奴隷になりなさい (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
サタミ シュウ
ただのSM小説ではない。
RECOMMEND
ごめんね
ごめんね (JUGEMレビュー »)

友達から勧められたアルバム。一曲目のごめんねがやばい。良いアーティストがまた現れた。
RECOMMEND
いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~
いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~ (JUGEMレビュー »)
いきものがかり
今年の〆にはぴったりなアルバムだと思う。今年1年、お疲れさまといいたくなる、そんな彼らの曲達。
RECOMMEND
イエスタデイをうたって 7 (ヤングジャンプコミックス)
イエスタデイをうたって 7 (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
冬目 景
ようやく進展したけど、この先どうするんだろう(苦笑)
RECOMMEND
LOSTMAN GO TO BUDOUKAN【初回限定盤】 [DVD]
LOSTMAN GO TO BUDOUKAN【初回限定盤】 [DVD] (JUGEMレビュー »)

一言で「これはいい!!」永久保存版!!!
RECOMMEND
MUSIC(期間生産限定盤)
MUSIC(期間生産限定盤) (JUGEMレビュー »)
フジファブリック
忘れることは出来ないな そんなことを思っていたんだ
RECOMMEND
SENSE
SENSE (JUGEMレビュー »)
Mr.Children
前作のSUPERMARKET FANTASYからどういう進化を遂げたのか?結論からいうと、すごく前作からの引き継ぎがうまい非常に良いアルバムだ。ミスチルの真骨頂というか楽曲に対する真摯な態度に好感をもった。
RECOMMEND
沿志奏逢 3
沿志奏逢 3 (JUGEMレビュー »)
Bank Band
文句なし!とりあえず、これは買おう!
RECOMMEND
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
ノルウェイの森 上 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
村上春樹を読み語る上での導入本。まずは読んでみていただきたい。なぜ村上春樹がここまで評されるのか。
RECOMMEND
キッチン (角川文庫)
キッチン (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
吉本 ばなな
吉本ばななを読み語る上での導入本、ではなく僕の持っている本で一番読み込みが激しい本。とにかく、小説として芸術作品として秀作。
RECOMMEND
RECOMMEND
リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD]
リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

映画を作るうえでも鑑賞するうえでもリアリティなんて追求することはナンセンスかもしれない。結果的に自己投影しているから。でも、普通の人なんてそんなことすら映画には求めない。たんなる良し悪しが評価で過ぎない。デートの一部でしか過ぎない。でも、この映画は革命を起こしている。
RECOMMEND
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 (JUGEMレビュー »)

パト2と悩んだがこちらが僕の一番のお勧め作。クオリティ、時間、問いかけすべてにおいて上手くまとまっている。
RECOMMEND
世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
浅野 いにお
浅野いにおは僕の世代の申し子作家だ。そしてこの作品集は普遍的テーマ、僕の世代にしかわからない葛藤などを描いている。秀作。
RECOMMEND
Strawberry shortcakes (フィールコミックスGOLD)
Strawberry shortcakes (フィールコミックスGOLD) (JUGEMレビュー »)
魚喃 キリコ
魚喃キリコは誰しもが味わう痛みをきれいにじゃなくストレートに描ける天才。映画も合わせてお勧め。
RECOMMEND
Fool on the planet
Fool on the planet (JUGEMレビュー »)
the pillows,山中さわお,鹿島達也,鈴木淳,吉田仁
best albumではない。これは彼らの足跡を知る上でのお勧めアルバム。日々進化、日々屈折、日々挫折。さわおさんの姿が見えてきます。
RECOMMEND
present from you
present from you (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央,直井由文
BUMP OF CHIKENのB面集。彼らのアルバムにはストーリーがありこのB面集にも個々人のストーリーが見えてくるはずである。
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
マンガ・エロティック・エフv0l.68
評価:
おがきちか,山本直樹,古屋兎丸,今日マチ子,雁須磨子,眉月じゅん,柘植文,柴田ヨクサル,宮台真司,志村貴子,浅野いにお,朔ユキ蔵,河内遙,桂明日香,羽生生純,御徒町鳩
太田出版
¥ 819
(2011-03-08)
コメント:あいかわらず豪華な面々です。

マンガ・エロティクス・エフvol.68
著:おがきちか,山本直樹,古屋兎丸,今日マチ子,雁須磨子,眉月じゅん,柘植文,柴田ヨクサル,宮台真司,志村貴子,浅野いにお,朔ユキ蔵,河内遙,桂明日香,羽生生純,御徒町鳩

浅野いにおの「うみべの少女」がようやく単行本で出るらしい。しかし、展開がいつものごとくダークな感じになっている。今回の作品は非常になんというか、ドライな感じでしかしやはり浅野いにおの言葉回しにはグサリとくるものがある。重いというかなんというか。現代的という言葉はすごく陳腐だけどそういう主張じみたところがいい。

また、志村貴子の「青い花」の展開もまた良い。この人のエロ路線というか、直接描写がある作品というのはあまりないのだけど今回のはまた面白かった。次回が気になるところ。

その他、河内遥や山本直樹、今日マチ子など他の面々もいい。

お勧めのマンガ雑誌です。
| 大きな翼 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
坂道のアポロン7
評価:
小玉ユキ
小学館
¥ 420
(2011-02-10)
コメント:うーん。キュンときますね (笑)

坂道のアポロン7
著:小玉ユキ

やっぱり小玉ユキの作品はいい。つうか、もうねこの人天才!とか思いながら読んでました。なんつうか、毎回毎回がこの人らしい展開と言うか。切ないなあと思いながら読んでました。

そして、ここにきてようやく一つの転機が。そのシーンもまたうまいなあと思う。

言葉はいらないね。この人の作品は読んでじっくり楽しむものだと思う。
| 大きな翼 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ちよこチョコレート
評価:
KUJIRA
祥伝社
¥ 980
(2010-12-08)
コメント:志村貴子推薦で買った。うん。よかった。

久々のブログ。mixiは毎日、日記として更新しているけどブログはね、先月の後半はバタバタしてたもので。。。

近々東京に戻る感じになりそうです。

という、近況。

では書評ということで、たいしたことかけないですけど (笑)

ちよこチョコレート
著:KUJIRA

帯に志村貴子推薦!なんて書いてたものだから即買いしてしまったのだよ。下北のヴィレヴァンだったかなあ。。。うん、久しく行ってないなあ。

分かりやすい話しではある。そして、なんというのかなあ、この手の話し最近覆い気がするなあという印象。この手の話しというか雰囲気?

ブームというか影響を受けている作家にあるのかもしれない。ねむようことかに近い匂いがしたね。で、そのねむようこは羽海野チカのアシやってたわけで、自ずと羽海野チカの影響うけているし。この作家も非常の羽海野チカぽい。

あとfeel young系というのもあるのかな?魚喃キリコとかあの辺。やっぱり雑誌てそれぞれ色があってその色にあった作家が生まれてくるのかな。

このちよこチョコレートという漫画は、表題と中身のかけあわせがうまい。内容は、ありきたりというと失礼かもしれないけど残念ながらよくあるありきたりな感じの話しだね。家族再生物語といったところかな。

ただ、いくつか他にも作品は出しているようだし気にはなるところ。そんなわけで☆3つにしときました。
| 大きな翼 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
マンガ・エロティクス・エフ vol.67
評価:
山本直樹,オノ・ナツメ,古屋兎丸,御徒町鳩,志村貴子,おがきちか,桂明日香,今日マチ子,羽生生純,阿仁谷ユイジ,雁須磨子,柘植文,東村アキコ,沙村広明,松苗あけみ,中村光,福田里香,朔ユキ蔵,河内遙,浅野いにお
太田出版
¥ 819
(2011-01-06)
コメント:これは買いですね。特に漫画家志望は。

マンガ・エロティクス・エフ vol.67
著者:山本直樹,オノ・ナツメ,古屋兎丸,御徒町鳩,志村貴子,おがきちか,桂明日香,今日マチ子,羽生生純,阿仁谷ユイジ,雁須磨子,柘植文,東村アキコ,沙村広明,松苗あけみ,中村光,福田里香,朔ユキ蔵,河内遙,浅野いにお

今回は、オノ・ナツメの連載最終回ということでオノ・ナツメ特集。基本、この人のマンガは避けて通っておりました。特に理由がないというか、素通りはしないんだけど買わないというかなんというか難しい感情なのです。

しかし、今回の特集は面白かった。まず、沙村広明のオマージュ作がうけた。つうか、太田出版て結構すごいんだなあと思う。企画がすごくいい。そんで、オノ・ナツメと河内遥、朔ユキ蔵の”私たちのマンガ夜話”が非常に面白かった。

とりあえず、中身をネタばれするとあれだけど漫画家になりたい人は読んでみてもいいのではないかと思う。すごく本質的なことを書いていた。これは小説家にも言えるんだと思う。

あとは、浅野いにおの連載と志村貴子の連載と今日マチ子の連載をさら読み。これからじっくり他のも読む予定というか、、、まあ諸般の事情によりもっと読みたいのだけどこのまんがは恐らく今月末にまとめ読みになりそう。

| 大きな翼 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
聖☆おにいさん6
評価:
中村 光
講談社
¥ 580
(2010-12-24)
コメント:イエスの「インド人かと思ったよ」に笑った。

聖☆おにいさん6
著:中村 光

まあ、やはりややマンネリ化してきたかなあと思った巻かな。それでも、やや不謹慎?いや、かなりギリギリアウト気味なNO MUSIC,NO LIFEはさすがに笑った。そ、そう来たかと(笑)カラオケに行くネタとか天界の音漏れが人間のインスピレーションだと勘違いされるというネタとか般若心経を歌うネタとか。

仏教には全く興味がないけど、世界の大ベストセラー「聖書」には興味を持ち始めてタダでくれるというところがまた胡散臭さをかもしだしているんだけどこの本読んでいるといろいろ勉強になる。

宗教は悪だし、戦争のツール。いや、ビジネスツールか。いいビジネスだもんなあ。戦争できるんだから。そんでもって、それでもうかれるんだからな。いいビジネスをイエスも仏陀も作ったもんだ。
| 大きな翼 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
放浪息子11
評価:
志村 貴子
エンターブレイン
¥ 651
(2010-12-24)
コメント:アニメに期待。

放浪息子11
著:志村貴子

どういう風にこの作品は向かっていくのだろう。そして、今回の作品は唐突に現れるイシデ電さんのプチ漫画が笑える(笑)志村貴子さんが本当に好きなんだなあとしみじみ思った次第です。

さて、この作品11巻です。間違えて、実家の本屋で10巻を買ってなんか特典までついててラッキーなんて思ってたら、読んでいくうちになんかこれ読んだ気がするなあと思って。。。落胆。

そんで、探しまわった結果ようやくみつけて読了。これはだいぶ前に読んでいたんだけどレビューが遅れてしまいますた。すみません、志村貴子さん。。。orz

なんかなあ、のほほんとしてるんだけどすごくいいんだよなあ。そして修一の声変わり。

個人的にはユキさんとしーちゃんの便乗修学旅行がすごく切なくもあり、この作品のアクセントとして非常に良かった。

そして、ついにきたかよしのの恋。。。

修一と安那ちゃんの今後の展開にドキドキ。うん、いいぞいいぞと読みふけっていました。

そんで横のバナーにも表示されているけど今月からアニメも放映。これは要チェックですね。


| 大きな翼 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ガールズジャンプ
評価:
---
集英社
¥ 680
(2010-12-15)
コメント:さすが集英社というか、執筆陣が半端ねー。作品も面白い。

ガールズジャンプ (集英社)
山下和美「ジェミニ」
スエカネクミコ「クリスマスの殺し屋」
渡辺ペコ「ごぼうの人」
柏木ハルコ「DIARY」
トミイマサコ「浮(ウキ)・ミエル」
ねむようこ「なんでも堂」
朔ユキ蔵「サロメ」
やまがたさとみ「ふたりごと」
元町夏央「Baby Jellyfish」
森本梢子「デカクマ」
KUJIRA「ボーイズ クライド」
かずといずみ「給食の大葉(おーば)さん!」
伊藤静「橘三兄弟のばか」
天堂きりん「とある日常の奇跡」
中村珍「VESPA」
鳥野しの「ハロー、グッバイ」
山崎童々「ハイド バイ ミー」
宮下未紀「俺が代理登校を引き受けた理由」
今日マチ子「キキミミ」
白井弓子「岩河にて」
コナリミサト「思春期エイリアン」
銅☆萬福「クリスマスイブひまなヤツ」

なんと言う豪華執筆陣(笑)どうやったらこんなに集められるのか?集英社すげーな。feel youngとかさすがに購読していないけどそれ以上だよねこの面子は。

この前、友達と東京を去る前にジュンク堂に行った。そん時にマンガ雑誌コーナーをみると、ざっと100冊くらいはあるんじゃないかというマンガ雑誌の数。

そんなかで生き残れるのは一握り。

そして、そんなかで生き残った人をプロデュースする担当も一握り。

iPadなどの電子書籍ができて、この前の文学フリマではiPadで宣伝したりソフト化したりしてたし。

さあて、この先どうなるのだろう。
| 大きな翼 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
本屋の森のあかり8巻
評価:
磯谷 友紀
講談社
¥ 440
(2010-11-12)
コメント:ようやく、恋の進展が始まった。どうなる、これから?

本屋の森のあかり8巻
著:磯谷友紀

気づけば8巻まで経っていた。この本と「街でうわさの天狗の子」は大体同じ時期に出版される。「本屋の森のあかり」は恋愛もありつつも磯谷友紀の博学な本の解説が楽しみで読書好きにはたまらない作品だと思う。

一方で、「街でうわさの天狗の子」も分かりやすい展開ではあるものの手抜きのない良い作品だと思う。

そんなわけで、この二つの作品に今は注目しとります。
| 大きな翼 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
屋根裏の魔女
評価:
磯谷 友紀
講談社
¥ 590
(2010-11-12)
コメント:「本屋の森のあかり」の磯谷友紀のオムニバス作品。若干、登場人物がかぶって見えて混乱してしまった。けど話は面白くて、この作者はやっぱり博学だなあと思った。

屋根裏の魔女
作:磯谷友紀

「本屋の森のあかり」の磯谷友紀のオムニバス作品。

顔の書き分けが若干キャプツバぽくて荒々しさというかなんというか混乱してしまったけど相変わらずの博学でそれでいて、しっかりとしたストーリー展開を生み出す磯谷友紀の作品は本当に楽しい。

切なくて、淡い恋。

「本屋の森のあかり8」との同時発売。これからが楽しみな漫画家です。
| 大きな翼 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
にこたま2
評価:
渡辺 ペコ
講談社
¥ 580
(2010-09-22)
コメント:渡辺ペコは天才。

にこたま(2)
著:渡辺ペコ

この作品は、非常に重い話し。アラサーで同棲。女は元出版会社の社員で今はフリーター。男はしがないサラリーマン。

ひょんなことから男が浮気をする。衝動的なもの。しかし、相手がそれで妊娠する。男にはその女性に対する好意だったりはない。本当にただの衝動。事故(というのはあまり良い表現ではないか)。男にとってそれは事故でしかなかった。

同棲相手の女はその事実を知らされる。が、2人は別れない。そして、女には残酷な事実が突きつけられる。子供が産めない可能性がある腫瘍が見つかる。

果たしてどうなるこの展開。。。

渡辺ペコは個人的にコンプリートしている作家の一人。魚喃キリコ、浅野いにお、志村貴子などなどに続く。

何が魅力かと言えば、そのストーリーのドライな描写。しかし、ハッとする台詞。思い台詞の使い分けが良い。

経歴は特に漫画に関する学校に通っていたわけでもないらしい。

子供ができるってどういうことなんだろうな。。。

友達の子供がかわいい。
| 大きな翼 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>