BIG WING WORKS+

これから書きたいと思っている小説のネタ帳および日記。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
放浪息子
放浪息子
ブクログ
小説家志望 ランキング参加用リンク
映画ブログ 映画評論・レビュー
RECOMMEND
RECOMMEND
HORN AGAIN(DVD付)
HORN AGAIN(DVD付) (JUGEMレビュー »)
the pillows
the pillowsサイコー!!まあ、ついていくよなこれはずっっと。
RECOMMEND
RECOMMEND
私の奴隷になりなさい (角川文庫)
私の奴隷になりなさい (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
サタミ シュウ
ただのSM小説ではない。
RECOMMEND
ごめんね
ごめんね (JUGEMレビュー »)

友達から勧められたアルバム。一曲目のごめんねがやばい。良いアーティストがまた現れた。
RECOMMEND
いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~
いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~ (JUGEMレビュー »)
いきものがかり
今年の〆にはぴったりなアルバムだと思う。今年1年、お疲れさまといいたくなる、そんな彼らの曲達。
RECOMMEND
イエスタデイをうたって 7 (ヤングジャンプコミックス)
イエスタデイをうたって 7 (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
冬目 景
ようやく進展したけど、この先どうするんだろう(苦笑)
RECOMMEND
LOSTMAN GO TO BUDOUKAN【初回限定盤】 [DVD]
LOSTMAN GO TO BUDOUKAN【初回限定盤】 [DVD] (JUGEMレビュー »)

一言で「これはいい!!」永久保存版!!!
RECOMMEND
MUSIC(期間生産限定盤)
MUSIC(期間生産限定盤) (JUGEMレビュー »)
フジファブリック
忘れることは出来ないな そんなことを思っていたんだ
RECOMMEND
SENSE
SENSE (JUGEMレビュー »)
Mr.Children
前作のSUPERMARKET FANTASYからどういう進化を遂げたのか?結論からいうと、すごく前作からの引き継ぎがうまい非常に良いアルバムだ。ミスチルの真骨頂というか楽曲に対する真摯な態度に好感をもった。
RECOMMEND
沿志奏逢 3
沿志奏逢 3 (JUGEMレビュー »)
Bank Band
文句なし!とりあえず、これは買おう!
RECOMMEND
ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
ノルウェイの森 上 (講談社文庫) (JUGEMレビュー »)
村上 春樹
村上春樹を読み語る上での導入本。まずは読んでみていただきたい。なぜ村上春樹がここまで評されるのか。
RECOMMEND
キッチン (角川文庫)
キッチン (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
吉本 ばなな
吉本ばななを読み語る上での導入本、ではなく僕の持っている本で一番読み込みが激しい本。とにかく、小説として芸術作品として秀作。
RECOMMEND
RECOMMEND
リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD]
リリイ・シュシュのすべて 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

映画を作るうえでも鑑賞するうえでもリアリティなんて追求することはナンセンスかもしれない。結果的に自己投影しているから。でも、普通の人なんてそんなことすら映画には求めない。たんなる良し悪しが評価で過ぎない。デートの一部でしか過ぎない。でも、この映画は革命を起こしている。
RECOMMEND
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 (JUGEMレビュー »)

パト2と悩んだがこちらが僕の一番のお勧め作。クオリティ、時間、問いかけすべてにおいて上手くまとまっている。
RECOMMEND
世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) (JUGEMレビュー »)
浅野 いにお
浅野いにおは僕の世代の申し子作家だ。そしてこの作品集は普遍的テーマ、僕の世代にしかわからない葛藤などを描いている。秀作。
RECOMMEND
Strawberry shortcakes (フィールコミックスGOLD)
Strawberry shortcakes (フィールコミックスGOLD) (JUGEMレビュー »)
魚喃 キリコ
魚喃キリコは誰しもが味わう痛みをきれいにじゃなくストレートに描ける天才。映画も合わせてお勧め。
RECOMMEND
Fool on the planet
Fool on the planet (JUGEMレビュー »)
the pillows,山中さわお,鹿島達也,鈴木淳,吉田仁
best albumではない。これは彼らの足跡を知る上でのお勧めアルバム。日々進化、日々屈折、日々挫折。さわおさんの姿が見えてきます。
RECOMMEND
present from you
present from you (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央,直井由文
BUMP OF CHIKENのB面集。彼らのアルバムにはストーリーがありこのB面集にも個々人のストーリーが見えてくるはずである。
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
徒然
とりあえず胡散臭い。
言いたいことはわかるしそりゃそうだと思うんだけど正論でも胡散臭かったりしたらどうにもやる気がでない。
これっていいわけだろうなと思うわけだけどもそれでも胡散臭い。

田舎って何でこうなんだろうね、という時に限って田舎と比較する東京も何でこうなんだろうねって言っているんだと思う。

今年は早々にインフルエンザに掛かってしまったので予防接種に行きたい。

びっくりするくらいつまらない日常。
| 大きな翼 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
久々に更新
久々にBlogを更新しようと思ったのにはいろいろな理由もあるのだがしかし、昨年の3月から更新していなかったのか。長いようで短いのかね?

ここに至るまでTwitterやらFacebookやらやっていたのだけど、まとまった文章を書くのはやはりBlogの方が向いている。

Blogを始めたのは大学時代から。先ほど初代のlivedoorの方を削除してきた。ということで、初期のものなどはすべてなくなっている…はず^^;

いろんなモノが増えすぎた。それに対して積極的に利用してみるのはいいかもしれないけど如何せん飽きてしまう。結局長続きしているのは、Blog(とはいえ一年近く書いていなかったけど)Twitter、Facebook。

Twitterは2chに近い中毒性がある。アカウントを取得してからそこまでツイートしてはいないけど、よくTLを見ている。結論、時間の無駄が多い。必要かどうかといわれれば多分必要ないんだろうな(´・ω・`)

Facebookはどうか?これもあまり使ってはいない。mixiのユーザーがもうほとんどいなくてみんなFacebookにいってしまったということもある。mixiの利用価値がここまで下がるなんて数年前の人がどれだけ予測できたんだろうというくらいに使っていない。といいつつも、Facebookをそこまでしていない自分にとっては日記を書くという場所がないのはつらい。

そんなわけで久々にBlog書いてみようかなと思い立ったわけである。

この一年いろいろあった。うーん、本当にいろいろあってだね非人道的なこともされて激動といえば激動であったんだが忘れて前向くしかないのかなと思っている。

人生いろいろだなあと思いつつ今日はこのあたりにしておこうかな。すごく書きたいことがあるんだろうけどいざ書こうと思ったら意外と書けないこともわかったし。そんなわけでまた放置されるかもしれませんが...その時はその時で。
| 大きな翼 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
茜色の夕日
評価:
フジファブリック,志村正彦
EMIミュージック・ジャパン
¥ 924
(2005-09-07)
コメント:これがないと寝れない日がある。

茜色の夕日
フジファブリック

偽りのなかを生きている。嘘を積み重ねることによって生きていける。本当のことなんてあまりにも言えないし、それを理解できる人はないだろうし欺瞞に満ちた自分を演出する。

それがこれまで生きてきた自分の処世術。

そもそも、本音なんてものを言える人なんているのか?

君に伝えた情熱は呆れるほど情けないもので
笑うのをこらえているよ 後で少し虚しくなった
東京の空の星は見えないと聞かされていたけど
見えないこともないんだな そんなことを思っていたんだ





| 大きな翼 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
日本vsデンマーク
日本vsデンマーク

twitterで「岡ちゃん、ごめんね」ハッシュダグ「#okachan_sorry」が生まれるほどのまさかの事態だったと思う。大会前のあの散々な結果。日本は大きな失望とともにこのワールドカップを迎えたと思う。

そして、カメルーン戦での勝利。オランダ戦も負けはしたものの善戦と言っていい試合だった。そして、このデンマーク戦である。非常に大きな勝利であり、日本中が熱狂した勝利だった。

一体感、チームのまとまりいろいろな言葉が流れる中、「まだ戦いは終わっていない」なんか、スラダンとか観ている感じの高揚感がある。

個人的にこの大会での日本の勝利というやつを分析してみた。(もちろん、これからだけどね)

この大会のキーは確かに選手間の結束が大きなところだと思う。

が、もう一つキーはあってそれは韓国にあるんじゃないかと思う。試合日程からして韓国が先にゲームを進める大会だった。予選リーグに入っているチームを観ると、韓国の場合「アジア、ヨーロッパ、南米、アフリカ勢」と非常に戦う上では参考になるデータが取れる組み合わせだった。

日本は、データ収集できっとこの組を参考にしたはずだ。もちろん、自身のリーグには南米はない。が、これから戦うパラグアイとの試合を前にこの韓国のデータというのは非常に役に立つはずだ。

ウルグアイとパラグアイは違う国だけど南米特有の個人技だったり守り、攻めは参考になる。パラグアイがどういう試合運びをしてくるかは恐らく今までの試合を見て容易にシュミレートできる。が、南米特有の戦い方、雰囲気というのを日本はこの予選リーグで味わっていない。だからこそ、隣国の韓国がどういう風に戦って負けたのか?(アルゼンチン)、勝つのだろうか(ウルグアイ)非常に良いデータを手に入れるはずだ。

だから、順調に行けばベスト8までは観れるんじゃないかと思う。それでも勝つ確率は50%前後。悲観的に観れば30〜40%くらいだろうか。

ベスト8に仮に勝てたとして次に当たる国はポルトガルかスペイン。どちらも、優勝候補筆頭だ。とりわけ両国ともまだこのワールドカップで全力の試合ができていない。持ち味を出せていない。彼らが決勝トーナメントでどういうコンディションでどういう試合運びをするにしても本調子になった時に、日本はかなりの確率で劣勢になる。

楽観的に観てベスト8までいけるとして、その後の戦い方はチームの結束とかではなかなか突破できないものだと思う。奇跡というか、ある種の風が吹かない限り厳しいだろう。

まあ何はともあれ、次のパラグアイ戦にどのように勝つのか?そこがベスト8への道であり岡田監督が目標にしているベスト4への道につながるのだろう。

今大会は欧州勢の予想外の予選敗退が目立つ一方で南米勢の順当な勝ち星は不気味だ。

観ていて楽しい、興奮する試合を今後も期待したい。

そして、最後に「岡ちゃん、ごめんね」と一言(苦笑)
| 大きな翼 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
My Foot
評価:
the pillows,SAWAO YAMANAKA
キングレコード
¥ 2,600
(2006-01-12)
コメント:このアルバムを機にthe pillowsの世界に舞い戻った、というかのめり込んだ。

My Foot
the pillows

今日は28回目の誕生日だった。いつもより新鮮だったのは、家族や友達、先輩からのメールに加え、twitterによる「おめでとう」リツィート。まったくのあかの他人だけど、つながっている100数人のなかから何人か、ごくわずかだけどおめでとうコメントがあったのは非常にうれしかった。


さて、mixiではいささか俗物的な目標を立てたがこちらはいろいろ思うところを書こうと思う。

まず、今日の誕生日に送りたい曲は「My Foot/the pillows」かな。今もこのアルバムを聴いている。

誰かのせいじゃない 気づいている
やっぱり僕は今もストレンジャー
光に群がってお揃いの夢を見ても
居心地悪いだけ

mixiに書いた目標はまさにこの言葉が物語っているようで居心地の悪いもの。でも、かなえたい夢でもあるから書いた。mixiは完全に閉鎖された空間だし書きたいこと、本音を書ける。しかし、blogは違う。blogはもはや公共の場だ。誹謗中傷始め、いろんなことに気をかけないといけない。でも、これはこれでれっきとした自分でもあるので双方が自分の言い分だと理解してもらえれば良い。

●自信となるものをつくる
去年たてた目標だ。これはどうだったか?全くできなかったな。そして、この年に送った曲は矢野真紀の「大きな翼」だった。

自信となるものを作るという目標は継続して引き継がれるものかなと思う。それすら、叶えられなかったのにいくつか目標を立てるのはただの強がりかもしれない。


●自分に素直に、しかし考えた結果出た答えには自信を持つ


一見して同じような目標だけど違う。ここでは自分が考えた結果出た答えについて自信を持つ。ただ、自信となるものを作るというのとは次元が違う。


●とりあえず、勉強するか、作品を残すかどっちかは実行したい


これまた、去年できなかったこと。まあ、滑り込みセーフで一つ本にしたことはあるが、それはちょっと違う。それは至極個人的で自己満足の世界だった。それとこれは違う。

東京で過ごし、とりわけ大した出会いもなく独身を通している。実家に住む友人はとりわけ仲の良かった面々は全員結婚している(笑)でも、自分は東京で自由気ままに過ごしている。それは自分が選んだ人生で特にそこに他者(パートナー)がいるわけでもなくそれを望んでもいない。それは、まるで小説のようにある日突然舞い降りるんじゃないかという非常に低い確率論くらいでしかない。

独りであること、独りになっていろいろすることを決めた。チャンスがあれば、そういう機会があればそれは変わるかもしれないが、当面は独りだろう。


憧れの扉の隙間から
盗んだパスポートじゃもう無理さ
街を薙ぎ倒して寝転んだ夢を見ても
虚しく笑うだけ


僕はまだ見てる 進む爪先を
雨も水溜りも気にしないぜ
すぐに乾くんだ
いつの日か立ち止まるのなら
冒険家のように進め my foot
道なき道を
踵を鳴らして 行こう


さて、そんなわけで、これから1年長いようで短い1年だと思う。今までになかった、あまりなかった真剣さとか覚悟とかそういうのが問われるのかな。そこに死が待ち望んでいてもそれは結果論として別に良いんじゃないかと思う。

そんなわけで、道なき道を踵を鳴らして 行こう
| 大きな翼 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
オランダvs日本
悔しいなあ。

戦い方はどこに国にもやり方があるわけで、日本の戦い方は良かった。前半は無得点で折り返す。あの鉄壁の守備はよかった。つうか、松井と大久保の動きはこれからの日本に必要な要素だな。理想的な終わり方だった。

後半は完全に疲れてたとは言えず、今までの日本なら失点ラッシュだったはずだがよく1点で耐えたと思う。だからこそ、日本に必要な攻撃的な力がオランダの前でも発揮できなかったのは今後というかこれまで通りの課題だね。

個人的にはあえて言うなら俊輔かな。あの采配をどう評価するか。。。俊輔は完全に機能してなかった。せめてシュートの1本はするべきだったと思う。批判はしたくないけどメンタル・フィジカル両方で他の選手に比べると劣っていたと思う。あまり批判はしたくないけどあの采配は一種の賭けでそれに対して答えられなかった日本のエースが日本の力を象徴しているのだと思う。

オランダ相手に良い試合運びではあった。たらればを言えば次には進めない。次は死ぬ気で全員サッカーでがんばってほしい。
| 大きな翼 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ワールドカップ所感
ワールドカップが始まり明後日はいよいよ日本にとっては決勝トーナメントに進むための大一番のオランダ戦がある。下馬評からまさかの金星のカメルーン戦。

今回のワールドカップを観ていて思うことはちょっと盛り上がりに欠けるところだろうか。何故か?サッカーの試合が多いことに問題があるんじゃないだろうか。もちろん、プロの戦いであるからしてその調整だったりは当たり前にこなさないといけないことではあると思う。

が、どうも今回の試合を見ていると調整不足感が否めない。

とりわけ、ヨーロッパにしてはチャンピオンズリーグに加え、各国のリーグ戦があり非常にコンディションの作り方が難しい。

オランダのスナイデルがいうようにチャンピオンズリーグの方がレベルが高いというのも分かる。が、そもそもワールドカップというのは国と国の威信をかけた戦いである。経済効果も相当なもの。

スペイン、フランス、などの強国が負けている。いつもは違う国だったり違うチームでしのぎを削っている面々がわずか数週間で調整するその日程には違和感を感じ得ない。

FIFAランクの低いチームが勝って「番狂わせ」なんて言っているけど必然的なけっかにも見える。

それでもアルゼンチンとか予選では苦戦してたのにワールドカップという舞台になった途端に急に力をつけてくる国もある。マラドーナという生きた神がいるからだけではない。

まだまだこれからの試合にも注目は集まるがワールドカップのあり方とかも問われる機会なんじゃないかと思った。
| 大きな翼 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
日本vsカメルーン
オランダvsデンマーク
日本vsカメルーン

いやあ、今日は面白いゲームを見れた。二つの試合ともに初戦ということもありかなり慎重な立ち上がり。とりわけ、オランダとデンマークに関しては前半はお互いに攻めてにかける印象。後半はまさかのオウンゴール。日本の持ち味だったのに、まさかのデンマークへの引き継ぎ(笑)デンマークはその後も良いところはなかったな。オランダに関しても、正直あまりいい状態ではなかった。それは、主力選手の負傷等が影響している。

日本戦に関してはエトー封じ、ディフェンスの成功が大きな試合を決める理由だと思う。だからこそ、一つのチャンスに対する決定力が求められたわけだけど、大舞台で出せた結果は非常に評価できるんじゃないでしょうか。

一日でこうもマスコミや世間の目が変わるというのはやっぱりスポーツの力というやつでしょうか。

がんばれニッポン!
| 大きな翼 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
いよいよワールドカップ!
さて、いよいよワールドカップ開催ですね。NHKの実況は、宮本、福西、中田となんというメンバー(むしろこいつらが出てくれたら日本は。。。orz)

とりあえず、個人的にベスト16予想

フランス、ギリシャ、イングランド、オーストラリア、オランダ、パラグアイ、ブラジル、スイス、アルゼンチン、メキシコ、ドイツ、アメリカ、イタリア、デンマーク、ポルトガル、スペイン

ベスト8

フランス、イングランド、オランダ、ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、イタリア、ポルトガル

ベスト4

イングランド、ブラジル、アルゼンチン、ポルトガル

決勝

ブラジルvsアルゼンチン

優勝

アルゼンチン

準優勝

ブラジル

3位

ポルトガル

4位

イングランド

てな感じ?と読んでたんだけど、昨日早速フランスがスコアレスドローに終わったから来週くらいには修正されているかも。

にしても、あの南アフリカ戦は見応えがあったな。メキシコのパスまわし、南アフリカのカウンター、すごかった。あれを観ていると日本代表はひよっこですね(苦笑)
| 大きな翼 | 日記 | comments(0) | trackbacks(1) | - |
戯れ言
今日もネタがないのでmixiに書いた日記を転載。

司馬遼太郎の本とか読むと実に歴史は面白い。そんで、実に熱い。今日の龍馬伝は非常に面白かった。演出もうまいし配役もいい。お龍も初登場した。しかし、武市半平太も投獄され以蔵もつかまった。来週からは長崎に行ったりいよいよ龍馬の本格的な龍馬の話になる。

日本の政治はもはや末期的な状況だと思う。次の選挙でも自分は民主党に投票するつもりだけどあまり期待できない。今更自民党に投票する人なんていないだろうし次の選挙はどうなるんだろう。

個人的には石原都知事に政権を委ねたい。あの人ほど政治に対して真剣な人はいないし総理大臣としての器もある。右翼とか批判する輩もいるが、抑止力は必要だしそもそも戦争はビジネスだ。人を殺して経済はまわる。それは誰でも分かることだし自分もそういうビジネスは推進したい。

北朝鮮と今戦争したら絶対にいい経済効果になるはずだ。戦争したらいいのにな。韓国の大統領は弱腰でいかん。
| 大きな翼 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>